ホーム (財)京都市景観・まちづくりセンターとは フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都

ホーム > 地域の景観・まちづくり情報 > 京のまちづくり史とは > 京のまちづくり史の概略 > 地域がつくった小学校

3. 地域がつくった小学校


地域がつくった小学校

 元学区とは、かつての小学校区を指します。京都の都心市街地における元学区は、面積約20〜30ヘクタールで、ほぼ20〜30の「町(ちょう)」で構成されています。
 明治元年、京都府は国の学制施行に先駆け、小学校設立仕方を通達しました。地域では、室町期から成立していた町組(ちょうぐみ)を改組し、番組をつくって対応しました。
 上京、下京の各33番組に分けられた町組は、すぐさま小学校の建設を決定しました。設立費用や運営費用について、地域が自分たちで確保することが求められ、様々な苦労を重ねて1869年(明治2年)、全国初の小学校となる柳池小学校を皮切りに、小学校64校が開校しました。
地域がつくった小学校
コミュニティ
学区の夏祭り
 
地域がつくった小学校
コミュニティ
学区の夏祭り

 1890年(明治23年)の改正小学校令によってその管理権は京都市に移行されました。しかし、小学校と学区の緊密な関係は様々な形で維持され、小学校は「自分たちのもの」であり、学区のシンボルである、との意識が人々の心に定着していきました。
 学区意識の定着により、自治連合会、体育振興会、婦人会、消防分団など、学区を単位とする様々な活動が活発になりました。


 → 次をみる (産業とまちづくり)

 → 京都市学校歴史博物館のホームページをみる

ページトップにもどる

〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側) 「ひと・まち交流館 京都」B1階
電話番号:075-354-8701 / FAX番号:075-354-8704 開館時間:平日 9:00〜21:30  日曜・祝日 9:00〜17:00
アクセス・交通プライバシーポリシー