ホーム (財)京都市景観・まちづくりセンターとは フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都

ホーム > 地域の景観・まちづくり情報 > 京のまちづくり史とは > 京のまちづくり史の概略 > 祭りの役割

2. 祭りの役割


祭りの役割

 京都で最も有名な祭りである「祇園祭」は、氏子である住民にとっては、代々受け継がれてきた非常に大切な行事です。山鉾に関する多くの行事は、町ごとに独自に進めています。
 1864年(元治(げんじ)元年)の大火により、鉾町も大きな被害を受けました。商売にも差し障りが生じ、生活基盤が不安定な中での祭りの復興は困難を極めましたが、とりあえず会所飾りから始め、鉾や山を組み立てられるようになれば居祭を行うなど、それぞれ出来る範囲で段階的に祭を復興していきました。
 明治5年には、いくつかの山鉾を除いて、ほぼ大火以前の巡行に復興しました。しかし、同年、祭を財政的に支えていた寄町制度が廃止されました。この時、祭の存続を憂えた人々の人力により清々講社が設立され、運営資金を氏子地域全体から集める仕組みができました。
ちまき
 
ちまき

 明治45年には市電の開通に伴い、京都府から巡行中止の勧告が出され、祭の存在を巡り、大きな議論になりました。  建物のビル化など、町の変化も祭のあり方に影響を与えています。また夜間人口の減少により、路地家屋や借家住まいの住人にも町費の負担金を増すなど、町衆といわれる旦那衆の祭であったものから、担い手が変化していきました。
 しかし、町にとって大切な祭の準備などを一緒にすることで、新しい住民と以前から住んでいる人との間に会話が生まれ、顔のわかるおつきあいが始まるきっかけともなっています。


 → 次をみる (地域がつくった小学校)


会所飾り(かいしょかざり):多くは町会所で、後述のように町会所を持たない鉾町では、当番の家で、宵山期間中にご神体や懸装品などの祭具を飾る。山出し町では「お山飾り」と呼ばれている。
居祭:あるいは町内に建おき。巡行には曳き出さない。


ページトップにもどる

〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側) 「ひと・まち交流館 京都」B1階
電話番号:075-354-8701 / FAX番号:075-354-8704 開館時間:平日 9:00〜21:30  日曜・祝日 9:00〜17:00
アクセス・交通プライバシーポリシー